FOAトップチーム第5節試合レポート

【公式戦レポート第5節 vs春駒】

相手は、 前節まで1位で、4試合を終え失点が4と鉄壁を要する春駒。
F.O.Aは、出場停止でチーム得点王のNo.8相川を欠き、またチームに安定を与えるNo.3小島も欠席のため、 飛車角落ちで戦わざる終えない試合となる。

苦戦を強いられるだろうと思っていたものの、監督:加藤翼体制になってからの強みでもある、 総合力が上がったことで、前半は、両者譲らず0−0と対等に渡り合う試合展開となった。
試合が動いたのは、後半開始3分。
F.O.A新加入のNo.11木村 統一がこぼれ球を押し込みゴール!!
1−0
その後、春駒No.14辻を中心とした猛攻に合い、 後半9分耐えきれず失点。
1−1

残り6分をどのような試合運びをするか。
引き分けに持ち込む戦い方をするか、攻めに行き勝ち星を掴みに行くか。
もちろん、今のF.O.Aに撤退の文字はなく、 残り5分を切ったところから、フルコートディフェンス(通称:前プレ)で攻撃的オフェンスからチャンスを 奪いに行く。
しかし、細かい所のミスが目立ち、あと一歩のところでゴールまで届かずタイムアップ。
試合は1−1で終了となった。

主力を欠く中、首位の相手と攻防を繰り広げられたのは、素晴らしい出来であったが、 選手間の得意なもらい方、ポジション、ストロングポイントをもっと理解し合わないと、 拮抗する試合で優位に立てないと感じている。
トレーニングから、もっと選手間で話し合い、良いプレーを引き出し合える連携を増やしていきたい。
以上。

(牟田口 勇人)

[`yahoo` not found]